ユリ超さんのジャスミン日記
 
ユリ超さんのジャスミン日記
 



趣味

布川とキボシカミキリ

看護師の転職しようとする動機としては、人間関係といった人が多くいます。



女性がたくさんいる職場ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。その中には、パワハラ・いじめが転職する動機となってしまう人もいます。
厳しい環境の中で無理して働いていると、健康を害してしまいますので、早いうちに転職した方が吉です。看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはオンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。

看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには表に出ていないものも少なくありません。



ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、仕事場のカラーといったこともチェックできます。


できれば避けたい勤労条件に関するやりとりをしてもらえるケースもみられます。

看護師の職場といえば、病院という考えが普通でしょう。しかし、看護師の資格を使える職場は、病院以外にも多々あります。
保健所で保健師と協力し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の仕事です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大抵の医療行為を看護師が行います。
転職をするのが看護師の場合であっても、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。けれど、一生懸命に看護師の資格を取得したわけですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。
全然異なった職種だとしても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は非常に多いです。
努力して得た資格なのですから、活かさないと無駄になってしまいます。

看護師の転職の技としては、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。更に、3ヶ月は利用してじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。


気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、次も辞めなければならなくなることもあるので、希望した条件を満たす職場を念入りにチェックしましょう。以上から、自らの希望の条件をハッキリとさせておきましょう。看護師の資格を得るためには、何通りかの道すじがあるでしょう。
看護師免許を得るためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。


試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について学習することが必要なのです。
看護師であっても転職している回数が少なくないと悪いイメージにつながるかというと、必ずそうだとは言うことができません。
自己アピールを上手に行えば、経験が多くあり、意欲的であるというイメージを与えられるかもしれません。そうは言っても、勤務期間があまりにも短いと、どうせすぐにやめてしまうと思われる場合もあるでしょう。



看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊な上に、職場によっても違ってきます。職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという勤務先も多いものです。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。



3月23日(水)05:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | 趣味 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | 楽天市場